レシピコラム

2024年02月07日
【レシピ2月号】さば缶丸ごとの無水カレー。材料全部を鍋に入れて煮るだけ、時短でカンタン!
レシピコラム
2024年02月07日
【レシピ2月号】さば缶丸ごとの無水カレー。材料全部を鍋に入れて煮るだけ、時短でカンタン!

この記事を書いたスタッフ

企画部 奥

映画とコーヒーが好きで、一人でふら~っと出かける事が多いです。 何気ない暮らしの中に、ワクワクする情報をお届けします!

こんにちは。

さくらの森レシピのコーナーです。

みなさん、カレーはお好きですか?

2397851.png

今や日本の国民食ともいわれ、
老若男女に愛されるカレー。

メニュー選びに困った時は
「とりあえずカレーにすれば間違いない」
と頼りにできる存在ですよね。

その理由は、

☆ご飯に合う
☆かんたんに作れる
☆子供から大人まで好まれる味

この3つではないでしょうか?


お家でもお店でも楽しめるカレー。

通常は水を使って作りますが、
本日は無水で挑戦!


無水カレーは野菜のうまみがぎゅっと凝縮し
いつもとは違う味わいを楽しめます。

しかも、お家にある鍋でかんたんに出来るんです。

作り方をひとことで言うと...

【全部鍋にいれて煮るだけ】


カレー粉(スパイス)と調味料で味付けするので、
固形のルーを使うよりもカロリーOFF!

ダイエット中の方にもおすすめなんですよ。

このレシピのおすすめポイント

☆炒める工程なし!とにかく簡単

☆食材の旨みをより感じられる

☆固形のルーを使わずヘルシーに♪




さば缶丸ごと。野菜たっぷり

『無水サバカレー』

IMG_9547-1.jpg

【材料】2人分

・玉ねぎ ...中1玉
・なす    ...中1本
・トマト缶(カットタイプ) ...1缶
・しめじ ...1株
・ほうれん草  ...150g
・ブロッコリー  ...100g
・サバ缶 ...2缶(約190g)
・にんにく ...小さじ1
・ウスターソース ...大さじ3
※冷凍野菜を使っても美味しくできます♪

~スパイス~
・カレー粉 ...大さじ2と1/2
・ガラムマサラ ...大さじ1
・クミン ...大さじ1

作り方

IMG_9498.jpg

IMG_9496.jpg

①玉ねぎ、なすを1㎝ほどの厚さに切る

 

IMG_9510.jpg
②焦げ付きを防ぐために、鍋にトマト缶、野菜、しめじ、サバ缶、にんにく、カレー粉(スパイス)の順で入れる。

サバ缶は汁ごと入れると旨みがUPします

IMG_9513.jpg

③鍋を火をつけて蓋をし、中火〜弱火で15分〜20分ほど煮込む。材料を混ぜ、さらに弱火で10分程煮込む。

焦げ付かないよう、時々混ぜてください

IMG_9539.jpg

④ウスターソースで味を整え、出来上がり。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴

今回は、カレー粉(スパイス)を使って作りましたが
いつも使っているカレールーとは何が違うのか?

それぞれに良いところをご紹介します。(*^^*)

カレールーとカレー粉の違いは??

カレールー

カレールーは、カレー粉に小麦粉や油脂、調味料などを合わせたもので、おもにカレーを作るときによく使われます。カレー粉だけでは味がついていないため、調味料、旨み成分も入っているカレールーはとても便利です。

☆良いところ...味付けはこれだけ!辛さも選べてとろみもつく。

カレー粉

カレー粉は、数十種類のスパイスを焙煎してから粉末状にして合わせたもの。
カレーの風味や香りを出したい料理に使われる調味料です。
配合されているスパイスはカレー特有の色味を出す、ターメリックやコリアンダー辛味を持つカイエンペッパー、香りが強いクミンなどが入っています。

☆良いところ...香りと辛さが本格的。脂肪分や塩分も調節できる。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴    

本格的な香りと辛みがプラスされるスパイス

ガラムマサラ

インドを代表するミックススパイスで、辛みを強める配合のものが多いです。体がポカポカ温まり、自然と汗が出てきます。製造方法や入っているスパイスはカレー粉と似ていますが、ガラムマサラにはカレー独特の黄色い色のもとになる「ターメリック」が使われていません。

1393738.png


クミン

カレーの良い香りは実はこの「クミン」が中心。エスニック料理に欠かせないスパイスです。ルーを使うカレーでも、ちょっとクミンを足すだけで本格的なお店の香りに。

22798508.png

他にも色々なスパイスを使って
自分好みの味を見つけてみてください。

小さいお子様がいる場合は、
はちみつで加えて甘みを加えてもいいですね。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


このレシピが載っている

会報誌「さくらもち」2月号はこちら

この記事を書いたスタッフ

企画部 奥

映画とコーヒーが好きで、一人でふら~っと出かける事が多いです。 何気ない暮らしの中に、ワクワクする情報をお届けします!

こんにちは。

さくらの森レシピのコーナーです。

みなさん、カレーはお好きですか?

2397851.png

今や日本の国民食ともいわれ、
老若男女に愛されるカレー。

メニュー選びに困った時は
「とりあえずカレーにすれば間違いない」
と頼りにできる存在ですよね。

その理由は、

☆ご飯に合う
☆かんたんに作れる
☆子供から大人まで好まれる味

この3つではないでしょうか?


お家でもお店でも楽しめるカレー。

通常は水を使って作りますが、
本日は無水で挑戦!


無水カレーは野菜のうまみがぎゅっと凝縮し
いつもとは違う味わいを楽しめます。

しかも、お家にある鍋でかんたんに出来るんです。

作り方をひとことで言うと...

【全部鍋にいれて煮るだけ】


カレー粉(スパイス)と調味料で味付けするので、
固形のルーを使うよりもカロリーOFF!

ダイエット中の方にもおすすめなんですよ。

このレシピのおすすめポイント

☆炒める工程なし!とにかく簡単

☆食材の旨みをより感じられる

☆固形のルーを使わずヘルシーに♪




さば缶丸ごと。野菜たっぷり

『無水サバカレー』

IMG_9547-1.jpg

【材料】2人分

・玉ねぎ ...中1玉
・なす    ...中1本
・トマト缶(カットタイプ) ...1缶
・しめじ ...1株
・ほうれん草  ...150g
・ブロッコリー  ...100g
・サバ缶 ...2缶(約190g)
・にんにく ...小さじ1
・ウスターソース ...大さじ3
※冷凍野菜を使っても美味しくできます♪

~スパイス~
・カレー粉 ...大さじ2と1/2
・ガラムマサラ ...大さじ1
・クミン ...大さじ1

作り方

IMG_9498.jpg

IMG_9496.jpg

①玉ねぎ、なすを1㎝ほどの厚さに切る

 

IMG_9510.jpg
②焦げ付きを防ぐために、鍋にトマト缶、野菜、しめじ、サバ缶、にんにく、カレー粉(スパイス)の順で入れる。

サバ缶は汁ごと入れると旨みがUPします

IMG_9513.jpg

③鍋を火をつけて蓋をし、中火〜弱火で15分〜20分ほど煮込む。材料を混ぜ、さらに弱火で10分程煮込む。

焦げ付かないよう、時々混ぜてください

IMG_9539.jpg

④ウスターソースで味を整え、出来上がり。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴

今回は、カレー粉(スパイス)を使って作りましたが
いつも使っているカレールーとは何が違うのか?

それぞれに良いところをご紹介します。(*^^*)

カレールーとカレー粉の違いは??

カレールー

カレールーは、カレー粉に小麦粉や油脂、調味料などを合わせたもので、おもにカレーを作るときによく使われます。カレー粉だけでは味がついていないため、調味料、旨み成分も入っているカレールーはとても便利です。

☆良いところ...味付けはこれだけ!辛さも選べてとろみもつく。

カレー粉

カレー粉は、数十種類のスパイスを焙煎してから粉末状にして合わせたもの。
カレーの風味や香りを出したい料理に使われる調味料です。
配合されているスパイスはカレー特有の色味を出す、ターメリックやコリアンダー辛味を持つカイエンペッパー、香りが強いクミンなどが入っています。

☆良いところ...香りと辛さが本格的。脂肪分や塩分も調節できる。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴    

本格的な香りと辛みがプラスされるスパイス

ガラムマサラ

インドを代表するミックススパイスで、辛みを強める配合のものが多いです。体がポカポカ温まり、自然と汗が出てきます。製造方法や入っているスパイスはカレー粉と似ていますが、ガラムマサラにはカレー独特の黄色い色のもとになる「ターメリック」が使われていません。

1393738.png


クミン

カレーの良い香りは実はこの「クミン」が中心。エスニック料理に欠かせないスパイスです。ルーを使うカレーでも、ちょっとクミンを足すだけで本格的なお店の香りに。

22798508.png

他にも色々なスパイスを使って
自分好みの味を見つけてみてください。

小さいお子様がいる場合は、
はちみつで加えて甘みを加えてもいいですね。


∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴


このレシピが載っている

会報誌「さくらもち」2月号はこちら

記事カテゴリ