からだのこと

2019年12月12日

めぐりの漢方豆知識 vol.13 長引く風邪 吐き気に「漢方薬」

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは。登録販売者の浦島です。

 

2回にわたり、風邪の症状の漢方薬のをご紹介をしてきましたが、

今回は長引く風邪で吐き気をともなう症状に効果的な漢方薬をご紹介します。

吐き気がある場合はどうしても胃腸薬を考えますが、熱や寒気がある場合(風邪を疑うような症状)には市販の西洋薬ではそういった処方がないので、漢方薬がおすすめです。

 

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)という漢方薬です。

 

古く中国から伝わるやはり歴史のある基本的な処方です。

体力のない方でも使用できる漢方薬です。

ドラッグストアでお求めいただけますよ。

 

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

腹痛があり、微熱、悪寒、吐き気などを伴うかぜの後期に

「柴胡桂枝湯」は「小柴胡湯(ショウサイコトウ)」と「桂枝湯(ケイシトウ)」を合わせた処方です。

1週間近く発熱や軽い悪寒、関節の痛みなどが続くようなかぜの症状や、吐き気や下痢をともなう胃腸炎などに効果があります。

身体の中の熱や炎症を鎮めながら、胃腸を元気にして体力を補うようにして、長引くかぜを治します。

柴胡桂枝湯は、神経性の胃痛や腹痛にも有効に作用するので、神経過敏なタイプの胃腸病にも用いることができる処方なので、風邪だけでなく、幅広くつかえます。

体力:比較的体力が低下した人

構成生薬:柴胡(サイコ)、 半夏(ハンゲ)、 黄芩(オウゴン)、甘草(カンゾウ)、 桂皮(ケイヒ)、薬(シャクヤク)、 大棗(タイソウ)、 人参(ニンジン)、生姜(ショウキョウ)

 

必見! 風邪をひきにくくする方法 鼻呼吸!!

 

皆様は口呼吸していませんか?

お客様からある日、「わたし、鼻呼吸にしてからもう何十年も風邪ひいてないのよ!」と言われ、私も口呼吸だったので、即、鼻呼吸にかえました。

それから風邪をひきにくくなりましたので、大変助かってます。

口呼吸

口呼吸は、刺激物や異物を直接体内に吸い込んでしまうため、身体の免疫機能を直撃してしまいます。

こんな症状が思い当たる方は口呼吸の可能性がありますよ。

免疫力の低下による風邪や、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー性疾患、また口の中が乾燥して唾液の分泌が悪くなるため、虫歯や歯周病、口臭などを引き起こします。

 

鼻呼吸

鼻から呼吸することで、空気中に漂う雑菌やほこりなどの異物の大部分が、自然にろ過されるしくみになっています。

では、どうやったら鼻呼吸にかえられるのか!

 

1.唇を閉じて、鼻呼吸で深呼吸を1日何度も練習します。そうすることによって体にみにつきます。

2.就寝時に鼻呼吸促進グッズを利用してみましょう。(市販の就寝用マスクや口にはるテープなど)  

3.あー、いー、うー、べー体操と大きく口をひらき口の廻りの筋肉を鍛えます。唾液の分泌もよくなります。一日10回程度が効果的。

 

寝ている間に意識はできないので、私のおすすめは昼間の鼻呼吸による深呼吸練習法です!

口呼吸はさまざまな病気を引き起こします。ご自身の呼吸意識してみませんか? 鼻呼吸にかえることで風邪をひきにくくなりますよ

是非、実践してみてください。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

寒い季節はホルモンバランスの乱れからくる『女性特有の悩み』をしっかりケアをする必要があります。

月経痛・月経不順・PMS・更年期・冷えはホルモンの乱れが原因です。

根の深い女性のお悩みには長い歴史がある『漢方薬』がおススメです。

さくらの森初の漢方薬「めぐりの漢方」は

5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬で、血の巡りを正常に整えます。

女性ホルモンは血流によって分泌が促される為、「正常な血流」が不可欠なのです。

現代人は運動不足や不摂生、ストレスなどで血流が滞りがち。

歴史ある漢方薬の力で正常な血の巡りを取り戻し、トラブルの根本から

見直してみませんか?

詳しくはこちらから♪↓↓

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ