からだのこと

2020年06月29日

お薬相談室vol.24 中性脂肪の市販薬ってあるの?

奥(登録販売者)

奥(登録販売者)

さくらの森の奥です。

もうすぐ7月ですね。

この時期になると、弊社では順番に健康診断が始まります。

皆様も年に一度は受けていますか?

ところで

健康診断で気になる検査項目ベスト3は、

 ①体重

 ②血液検査

 ③血中脂質検  

と、言われています。(さくらの森調べ)

        

このベスト3に入っている「血中脂質検査」とは

・血液中の総コレステロール

・中性脂肪

・HDLコレステロール

・LDLコレステロー ル  のこと。

基準値を超えている場合は脂質異常症(高脂血症)の疑いがあります。

しかも高い数値が出たとしても、自覚症状はあまりないという厄介なものです・・・

本日はその中でも「中性脂肪」のお薬についてお話します。

 

・中性脂肪とは

皮下脂肪や内臓脂肪の中に貯えられていて、

必要に応じてエネルギーになったり脂肪酸になるものです。

これが(150mg/dl以上)高くなると、

・余剰なコレステロ-ルを回収するHDLが減る

・動脈硬化の促進因子であるLDLが動脈壁にたまりやすくなる

 

 結果⇨動脈硬化が促進することになります。😫

 

では、中性脂肪を改善する市販薬は販売されているのでしょうか

 

「中性脂肪」改善の市販薬

中性脂肪の改善薬としては、

EPA製剤が、現在第一類医薬品として市販されています。

こちらは、高脂血症・脂質異常症の改善として

病院で処方されているものが薬局にも置かれるようになりました

2014年6月に要指導医薬品に指定され、

       ↓

2019年4月に第一類医薬品として移行されています。

 

結構最近ですね。

もちろん、効果効能はしっかりと認められているものです。

しかし、どこの薬局・ドラッグストアでも購入ができるというわけではありません。

こちらは、「認定薬剤師」による本人対面のチェックが必要で、

他の疾患も含めて現在の診療状況を確認します

認定薬剤師とは薬剤師の資格を持った人の中でも、一定の期間研修し、定められた単位を獲得した薬剤師を言います。

まだまだ市販薬としての日が浅い製品のため、

使用するには細心の注意が必要です。

 

ちなみに、福岡市内でこのお薬を取り扱っている薬局は、

1店舗のみ!!でした。(2020年6月現在)

気になる方は、「中性脂肪」「市販薬」で検索してみて下さい。

 

販売状況は割と厳しいので、気になる方は事前のチェックが必要ですね。

 

医薬品でも使われているEPAとは。

 

先程のお薬もそうですが、

病院などで使われる医療用のEPA製剤、その効果は

中性脂肪も含む、脂質異常症である高脂血症や動脈硬化によって生じる
様々な症状を改善するものです。

 

このすぐれた効果のある、EPAというもの、実は私たちの身近な食品にも含まれているんです。

それは・・・お魚

『EPAとDHA』は魚介類の脂肪に特徴的にある脂肪酸で、

EPAは、コレステロールと中性脂肪を下げる作用が認められています。

DHAは、血中の中性脂肪や血圧を下げる働きがあるんです。

 

ようするに、血液サラサラ〜〜に導く、すばらしいものなんですね!

 

悩んでいる人はまず食生活から

 

魚に含まれる成分は中性脂肪値を下げる効果が期待できるため、

積極的に食事に取り入れていくのがおすすめです。

理想は、1週間に5食以上は魚料理を食べること。

特に、マグロやサンマ、イワシといった青魚には

「多価不飽和脂肪酸」であるEPAやDHAが豊富です。

 

一方で、中性脂肪値と悪玉コレステロールを上げてしまいまう

「飽和脂肪酸」は肉類や乳製品の脂に多く含まれす。

中性脂肪対策を考えるときは脂肪の質に注意して、

極端に多いものは避けるようにしましょう。

 

サプリメントの力も借りよう!

食生活に気をつけなければいけないことが分かっていても、  

・忙しくてなかなか時間がない  

・どうしても外食が多い  

・そもそも魚が苦手  という方はサプリメントもおすすめです。と、

言っても同じような種類のサプリメントがあるので、  

どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。  

そこで、一つの目安としてはその「機能性」が表示されていること!

 

「きなり極」は機能性表示食品

 

きなり極は、DHA・EPAが「中性脂肪を低下させる」と、

科学的根拠に基づいた機能性を表示しています。

さくらの森で特に人気のサプリメントで、

嬉しいお声をたくさん!頂いている商品なんです。

ぜひ1度試してみては

     詳しくはコチラ⇨⇨⇨ きなり極

読んで下さってありがとうございました。

奥(登録販売者)

この記事を書いた人

奥(登録販売者)

漢方に興味を持ち勉強するたびに、漢方薬は奥が深い!と感じています。 お客様に安心して使っていただけるように、色々アドバイスをさせて頂きます。

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ