からだのこと

2020年07月23日

【ファスティング豆知識】#07回復期からの食事が最も重要なワケ

山本(ファスティングマイスター)

山本(ファスティングマイスター)

こんにちは。1級断食指導士の山本です。

 

【ファスティング豆知識】のコーナーでは、

最近、話題の「食べない健康法」であるファスティング(断食)」の

基礎知識についてお届けしています☆

前回は「#06プチファスティングについて」についてお伝えしました。

はじめからご覧になりたい方は「#01ファスティングってなに?!」から

ご覧くださいね!

 

回復期からの食事が最も重要なワケ

ファスティングを行っても、なかなかその後の体重を維持できずに

リバウンドしそうだと不安になる方も多いのでは?

実は、ファスティングを成功させるためには、

ファスティング後の回復期から食べる食事が最も重要です。

ファスティングには、準備期・実施期・回復期の3つの期間がありますが、

回復期は、通常の食事に戻すための移行期間です。

 

準備期・実施期・回復期の3つの期間について詳しく知りたい方は

#03ファスティングどうやってするの?!をご覧くださいね!

 

回復期の目的

回復期の目的は主に3つあります。

①胃腸の負担を減らす 

②リバウンド防止 

③美腸を育てる

ファスティングを終えてすぐに暴飲暴食をしてしまっては、

せっかく休息していた胃腸に負担をかけてしまい、

リバウンドの原因にもなってしまいます。

 

回復食(回復期に食べる食事)はおかゆなどの消化に良い

食事から始めて徐々に胃腸を慣らしていきます。

また、胃腸に負担がかかる、

・動物性タンパク質(肉・魚・卵・乳製品)

・小麦製品

・油もの

・甘いもの

・刺激物

・添加物(加工食品・インスタント食品など)

は控えるようにします。

もちろん、準備期から続けている禁酒・禁煙・ノンカフェイン

引き続き守ってお過ごしくださいね!

 

美腸を育ててやせ体質づくり

3日以上のロングファスティング後の腸は

しっかりデトックスもできていて、

とてもキレイにリセットされた状態になっています。

 

そこで、リセットされた腸の状態から腸に良い食事を摂り、

美腸を育てていくことで、リバウンドしないやせ体質

手に入れることができるようになります。

美腸を育てるためには、

 

・食物繊維(水溶性・不溶性)

→玄米、こんにゃく、イモ類、きのこ類、海藻類など

 

・オリゴ糖

→玉ねぎ、バナナ、きゃべつ、大豆、とうもろこし、てんさい糖など

 

・発酵食品

→味噌、納豆、ぬか漬け、キムチ、甘酒、塩麹など

 

を意識して食べるように心がけてくださいね。

「腸」第二の脳と呼ばれるほど、重要な臓器です。

腸を整えるだけで免疫力が上がったり、美肌になったりと

嬉しいことばかり!

 

さらに、美腸になるとハッピーホルモンが分泌されて精神が安定し、

幸福感が高まってストレスにも強くなるというメリットまであります。

回復期以降は積極的に美腸を育てていきましょう♪

次回は「#08ファスティング中の頭痛はなぜ起こるの?!」を

お届けします。お楽しみに♪♪♪

 

ファスティングを体験したい方はコチラも御覧ください

さくらの森がおすすめするファスティングドリンクについて

山本(ファスティングマイスター)

この記事を書いた人

山本(ファスティングマイスター)

プロフェッショナルファスティングマイスター(1級断食指導士)です。 ファスティングにまつわる知識をお届けしています。 皆様のお役に立てたら嬉しいです☆

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ