からだのこと

2019年11月08日

めぐりの漢方豆知識 vol.8 そもそも「薬膳」とは?

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは。登録販売者の浦島です。

別のコーナーで薬膳レシピをご紹介させていただいていますが、

薬膳ってそもそもなんでしょう?

 

「薬膳」は漢方の理論に基づいて、体質や症状、体調、季節などに合わせてレシピを作るオーダーメイドの食事です。

とはいっても「薬膳」はハードルの高いものではありません。

身近にある食材で無理なく美味しく作れます。

なかには、食材と生薬の両方で使用できるものがあります。

シナモン、ショウガ、陳皮ちんぴ(みかんの皮を乾燥させたもの)、ナツメ、シソ、ハトムギ、胡麻などで、薬効効果が期待できます。

 

薬膳を取り入れるメリットは?

 

♦日々の生活の延長で気軽にはじめられる。

♦自分の体とむきあうことで、病気になる前に不調をケアできる。

♦季節の移り変わりや旬の食材に敏感になる。

♦おいしい食事で健康になれる。

♦治療中でも安心。副作用はなし

 良いことばかりですね。

 

 

では、漢方の理論に基づいてどのように食材を選ぶのでしょう? 

五行説(ごぎょうせつ)を理解することで、考え方がわかります。

五行説とは万物は5つの要素から成り立っており、

互いに助け合い、コントロールしあっており、すべてのものがつながっているという考え方です。

この表は古代の人による自然観察からうまれたものです。

五臓
五根(感覚器)
五支 顔面 皮毛
五季 土用
五色
五味

 

腎の縦列から、この表をみてみましょう。

五臓の「腎」は、エネルギーを蓄える、老化を予防する、美容に働きかける、成長や発育を促す、ホルモンバランスを整えるなどの働きがあります。

この腎が弱っていくことが老化です。

歳を重ねると様々な不調があらわれます。

まず、五支の「髪」には白いものがあらわれ、張り、ツヤが失われ、薄くなってきます。それと同時に足腰が弱ってきて、五季の「冬」に痛みが悪化します。

五根の「耳」の聞こえが悪くなり、耳鳴りが気になったりします。

 

アンチエイジングには「腎」を助けることが必要で、黒豆や黒ゴマ、黒米など五色の「黒」の食材が有効です。ひじきや昆布、わかめなど海藻がもつ五味「塩」も腎を助けます。

五行は深く影響しあっており、古代からの理論に思わず納得してしまいます。

 

五臓を元気にする食材です。

を元気にする食材すっぱいもの、青いもの

梅干し、ハーブ、山菜、柑橘系、セロリ、イチゴ、キャベツ、アサリ

を元気にする食材苦味のあるもの、赤いもの

クコ、スイカ、レバー、トマト、キュウリ、ゴーヤ、納豆、緑茶、天然塩

を元気にする食材甘味のあるもの、黄色いもの

牛肉、鶏肉、豚肉、かぼちゃ、トウモロコシ、ジャガイモ、卵、大豆

を元気にする食材辛いもの、白いもの

ネギ、ショウガ、ワサビ、くず、大根、タマネギ、ゆり根、カブ、白きくらげ

を元気にする食材塩味のもの、黒いもの

ワカメ、昆布、海藻、黒ゴマ、ヒジキ、ノリ、もずく、クルミ

 

「五臓」で体の不調をチェックしていただきましたが、もう一度ふりかえってみて、ご自分にあった食材で調理し、食材の色や味も参考にしてお食事をしてみてください。

旬の食材を使うことも重要です。旬の食材はその季節特有のトラブルを未然に防いでくれます。食材ごとの旬を知り、自然のリズムにあった食べ方をこころがけることが大切です。

ということで、次回は秋の「食養生」「旬の食材」について、ご紹介いたします。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

冒頭でご紹介した『食材と生薬の両方で使えるもの』の中に

シナモンとハトムギがあります。

シナモンは甘くエキゾチックな香りのするスパイスです。

コーヒーをシナモンスティックで数回かき混ぜ香りを楽しんだり、シナモントーストにしたりとおなじみですよね。

シナモンは桂皮とも呼ばれ、漢方薬でも使われます。

免疫力回復、整腸、血液循環の改善、強壮・強精薬として大昔から中国などで用いられてきました。

ハトムギの皮を除いた種子の部分は生薬『ヨクイニン』は古くから女性のお肌のお悩みに寄り添うお薬として親しまれてきまた。

めぐりの漢方はこの桂皮・ヨクイニンを含む6つの生薬で

処方された『冷え・シミ・にきび・月経・更年期』などに

おススメの漢方薬です。

下記リンクにて漢方についても詳しくご説明させて頂いております(^^)/

ぜひご覧ください。↓↓

薬膳レシピ更新中★

バックナンバーはこちら(^^)/

 

お悩み別おすすめレシピ

肩こり

めぐりの薬膳レシピvol.1~肩こりでお悩みの方へ【和風オニオングラタンスープ】~

めぐりの薬膳レシピvol.2~肩こりでお悩みの方へ【サーモンのソテー】

 

肌荒れ

めぐりの薬膳レシピvol.3~肌荒れでお悩みの方へ【チンゲンサイと桜えびのゆかりオイル和え】

めぐりの薬膳レシピvol.4~肌荒れでお悩みの方へ【白きくらげ入り杏仁豆腐】

 

疲れやすい

めぐりの薬膳レシピvol.5~疲れやすいでお悩みの方へ【とうもろこしとさつまいものスープ】

めぐりの薬膳レシピvol.6~疲れやすいでお悩みの方へ【セロリのピクルス】

 

冷え症

めぐりの薬膳vol.7~冷え性でお悩みの方へ【生姜入り豚汁】

めぐりの薬膳vol.8~冷え性でお悩みの方へ【鶏肉の粒マスタードクリーム、マッシュポテト】

 

生理痛・生理不順

めぐりの薬膳vol.9~月経痛でお悩みの方へ【生薬パエリア】

めぐりの薬膳vol.10~月経痛でお悩みの方へ【くるみだれサラダ】

 

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ