食べること

栄養のこと

2019年10月19日

めぐりの薬膳レシピvol.26~ 最強の食材 ヘム鉄で貧血予防【鶏レバニラ炒め】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は鶏レバーを使い、貧血予防、疲労回復レシピです。

レバーは疲労回復を促すアミノ酸をバランスよく含む良質のたんぱく源です。また血液中のヘモグロビンの材料となる鉄体調を整える重要なミネラル、免疫力を高めるビタミンAも豊富です

疲れた体をいたわる栄養素がぎゅっと詰まっています。

レバーとは一般的には鶏、豚、牛の肝臓をさすことが多いです。アンコウ、カワハギ、ウナギの肝臓は「肝(きも)」と呼ばれます。

また、がちょうの肝臓を肥大させたものはフォアグラと呼ばれます。

今回は鶏のレバーを使ってみました。

 

薬膳【鶏レバニラ炒め】

 

【材料】作りやすい分量

・鶏レバー・・・・・・・・・・・・180g

 ★下味

  ・しょうが(すりおろし)・・・小さじ1/2
  ・酒・・・・・・・・・・・・・小さじ1
  ・しょうゆ・・・・・・・・・・小さじ1

・にんにく(みじん切り)・・・1/2かけ
・ごま油・・・・・・・・・・・大さじ1
・ニラ・・・・・・・・・・・・1/2束

・もやし・・・・・・・・・・・80g

・塩・・・・・・・・・・・・・少々

 ★合わせ調味料

  ・酒・・・・・・・・・・・・・小さじ2
  ・しょうゆ・・・・・・・・・・小さじ1
  ・砂糖・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
  ・こしょう・・・・・・・・・・少々
  ・オイスターソース・・・・・・小さじ2

 

 

🍳 作り方

 

①まずはレバーの下処理を。ボウルに水をいれ、その中にレバーをいれ、水洗いし中の血などの汚れをおとす。

②レバーは三等分に切り、水気を除いて下味をつける。(10分)

③ニラは長さ3cm位に切る。もやしはザルに入れ、熱湯を回しかける。

④合わせ調味料を良く混ぜ合わせておく。

⑤フライパンにごま油を熱して弱火でにんにくを炒め、鶏レバーを中火で両面炒め、一旦別皿に移す。

⑥もやし、ニラ、塩を加えて軽く炒める。

⑦⑥がしんなりしたら、火を止め、⑤のレバーを加え、合わせ調味料をよくからめて炒める。こしょうで味を整える。

 

注意:レバーを水洗いし続けると、レバーの旨味も流れてしまうので、さっと洗う。

 

😊このレシピの効果

 

レバー

レバーには鉄分、ビタミンAやB2、ビオチン、葉酸の栄養素5分野で、含有量トップクラスの栄養の宝庫といえます。亜鉛、タンパク質も含まれており、栄養のわりにカロリーが低く、低脂質でヘルシーな食材といえます。

レバーの中で特筆すべきなのが鉄分です。レバーに多いヘム鉄は、野菜に多い非ヘム鉄に比べて吸収されやすいという特徴がありますので、貧血予防が期待できます。

私はどちらかというとレバーの独特の風味が苦手ですが、新鮮なものをきちんと下ごしらえすれば、美味しくいただくことができます。

ダイエット効果にもなるので、賢く料理にとりいれて健やかなキレイをめざしましょう。

是非お試しくださいませ。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

鉄分不足を感じるときに食べる食材といえば、今回の薬膳食材の「レバー」ですよね。

「鉄分」は人間にとって欠かせないもの。

血液中に存在するヘモグロビンは血管を通り全身のすみずみまで酸素を運んでくれます。

ヘモグロビンが減少すると体の各所で酸欠をおこし、倦怠感や息切れなど様々な不調を起こします。

特に女性は食事で鉄分をうまく取り切れなかったり、月経によって血液を失う機会が多い為、貧血になりやすいです。

漢方の「気・血・水」の考え方で貧血は、「血虚(けっきょ)」(血が少ない)や「瘀血」(血流が滞る)状態といえます。

女性に多い貧血や生理前のイライラや倦怠感、肌トラブルなどはこの血虚や瘀血が圧倒的に多いと漢方では考られているそう。

「血」の状態に左右されているんですね。

詳しくご自身の体質を知りたい方は漢方診断ツールをぜひお試しください(^^♪詳しい体質や生活アドバイス、おススメの漢方薬などがご覧になれます♪

↓↓↓↓

【漢方体質診断ツール】

 

↓↓お薬のスペシャリスト登録販売者の浦島が「なぜ女性に多い症状に漢方がおススメなのか?」を詳しくご紹介しております♪↓↓

シミ・ニキビに飲んで効く漢方処方の医薬品「めぐりの漢方」が発売されました☆

 

 

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ