食べること

2020年02月29日

めぐりの薬膳レシピvol.49~ 胃腸の働きをよくする【八角 煮豚】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は『八角』を使い、胃腸の働きをよくするレシピのご紹介です。

いつもの煮豚に「八角」(別名:スターアニス)を入れると、より中華料理っぽさが増して香りに奥行きが出ます。

スターアニスは食材や香料として使われるだけでなく、八角から抽出した「シキミ酸」を元にインフルエンザ治療薬のタミフルが作られるなど薬の原料ともなっています。

スターアニスの甘い香りには苦味や渋みもあるので過剰にいれると薬臭い印象になるので入れすぎは禁物です。

また好みも別れるので、隠し味程度に入れるのがポイントです。

 

薬膳 胃腸の働きをよくする【八角 煮豚】

 

【材料】2人分

・ひれ豚かたまり肉・・・・・・・360g
・きくらげ・・・・・・・・・・・10g
・しょうが(薄切り)・・・・・・3枚
・にんにく・・・・・・・・・・・1片
・酒・・・・・・・・・・・・・・1カップ
・唐辛子・・・・・・・・・・・・1本
・砂糖・・・・・・・・・・・・・大さじ3
・しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ6
・チンゲンサイ・・・・・・・・・1株
・八角・・・・・・・・・・・・・1粒

・ごま油・・・・・・・・・・・・小さじ1

 

 

 

🍳 作り方

①フライパンにごま油を熱し、豚肉を表面だけ強火で焼き付ける。

②きくらげはお湯に20分くらいつけもどし、洗う。

③卵はお好みの硬さにゆでておく。にんにくは輪切りにしておく。

④蓋のできる鍋に肉、酒、砂糖、しょうゆ、八角、にんにく、唐辛子をいれ、きくらげを加える。

⑤豚肉がかぶるくらいまで水(分量外)を加える。

⑥落し蓋をして中火にかけ、30~40分煮る。

⑦肉を取り出し、煮汁を煮詰め、ゆで卵、チンゲンサイを煮て、しんなりさせる。肉は薄切りにして、ともに器に盛って完成。残った煮汁をかけて出来上がり。

 

😊このレシピの効果

八角

八角は英名ではスターアニス、他にも大茴香(だいういきょう)と呼ばれますが、これは香りがアニスやウイキョウに似ているからです。

八角の持つ薬膳的な効果は、

胃腸の働きをよくする作用
血行促進によるむくみや冷えの解消
殺菌効果によるのどの痛みや咳止め

香辛料としても知られていますが、八角に肉の毒消し作用があるとされているので豚料理によくつかわれます。

スターアニスは開封して空気に触れるとどんどん香りが逃げていきます。開封したら、密閉容器で保存しましょう。あまり大量に使う香辛料ではないので少量のものを選ぶと良いでしょう。

きくらげ

キクラゲはキノコの一種なのに、「クラゲ」の名前がついている不思議な食材です。中国では古くから滋養に良く、肌に良いと言われている食材です。女性の味方ですね!

 

是非お試しくださいませ。

薬膳を通して皆様の心とカラダがより豊かになることを願っております。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

めぐりの漢方は「シミ」や「にきび」などの肌トラブルへの効果を証明された漢方薬です。

5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬で、血の巡りを正常に整えます。

「美肌=血の巡り」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、「血流」は美しいお肌への生まれ変わりには最重要なのです。

血液は肌の新陳代謝に必要な栄養を細胞に運んでいます。

ただ肌は体の末端の部分。その届きにくい部分にしっかりと栄養を届けるには「正常な血流」が不可欠なのです。

現代人は運動不足や不摂生、ストレスなどで血流が滞りがち。

歴史ある漢方薬の力で正常な血の巡りを取り戻し、肌トラブルの根本から

見直してみませんか?

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ