食べること

栄養のこと

薬膳レシピ

2019年11月30日

めぐりの薬膳レシピvol.32~ 冬支度【ブロッコリーと舞茸の豆乳グラタン】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は『ブロッコリー』を使い、まるごと食べて寒さに備えるレシピのご紹介します。

だんだん寒くなってきて、朝起きるのが辛くなってきましたね。乾燥や寒さで肌が荒れたり、風邪やインフルエンザに感染しないように、これらかの時期に旬をむかえるブロッコリーで冬支度をしましょう。

ブロッコリーやカリフラワーは「はなやさい」と言われ、私たちが食べているところはブロッコリーの花のつぼみです。つぼみの部分は確かに柔らかくておいしいですが、茎や葉の部分にも栄養がたっぷり含まれているので是非まるごと食べましょう

栄養素としては、肌荒れや風邪を予防し、体の酸化を防ぐビタミンCをはじめ、免疫力を高めるβカロテン、生活習慣病を予防するビタミンE、赤血球の生産を助ける葉酸など、寒さやウイルスに負けない体をつくる多くの成分が含まれています。

 

薬膳【ブロッコリーと舞茸の豆乳グラタン】

 

【材料】2人分

・ブロッコリー(茎も含めて)・・200g
・舞茸・・・・・・・・・・・・・1パック(100g)
・アサリ水煮缶(むき身)・・・・30g
・無調整豆乳・・・・・・・・・・400ml
・バター・・・・・・・・・・・・大さじ1
・薄力粉・・・・・・・・・・・・大さじ2
・コンソメ顆粒・・・・・・・・・小さじ1
・溶けるチーズ・・・・・・・・・40g
・塩、こしょう・・・・・・・・・各少々
・パプリカパウダー・・・・・・・少々

 

 

 

🍳 作り方

 

①ブロッコリーは小房に分けて、大きい房は半分に切る。茎は厚めに皮をそぎ、長さを2等分にし、縦4等分にする。舞茸は大きめの一口大に裂く。

②フライパンに水(大さじ2・分量外)とブロッコリーを加えて火にかけ蓋をして、2〜4分蒸し焼きにする。舞茸も加えて再び蓋をして1〜2分弱火で蒸し、耐熱の器に入れる。

③同じフライパンにバターを熱して薄力粉をコンソメ顆粒をふるい入れて焦がさないように弱火で炒める。人肌くらいに温めた無調整豆乳をダマにならないようにすこしずつ加えながら薄力粉を溶き、あさりを加える。

④塩・こしょうをして味を調えて火を止める。②の器にいれ、チーズを乗せて、予め温めておいたオーブントースターでチーズが溶ける程度、3分くらい焼く。お好みでパプリカパウダーを振る。

 

😊このレシピの効果

 

ブロッコリー

ビタミンC

生のブロッコリーに含まれるビタミンCはなんとレモンの約2倍!キャベツと比べると約3~5倍も含まれています。ビタミンCは強力な抗酸化作用や抗菌・抗ウイルス作用があるほか、免疫力を高める効果もあります。ビタミンCはストレスや喫煙で壊れやすく、人間は体内で合成できないので、食物から毎日たっぷり摂る必要があります。

βカロテン

粘膜を強化し、カゼなどの感染を予防する働きがあります。空気が乾燥し、カゼが流行るこの時期にはうってつけですし、粘膜を保護するということは、もちろんお肌にも良いので、食べる美容サプリといえます。

豆乳

豆乳には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが多く含まれています。老化を予防するサポニン、レシチン、美肌をつくるビタミンB群なども豊富なので、女性にとっても嬉しい食材です。

 

是非お試しくださいませ。

薬膳を通して皆様の心とカラダがより豊かになることを願っております。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

めぐりの漢方は「シミ」や「にきび」などの肌トラブルへの効果を証明された漢方薬です。

5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬で、血の巡りを正常に整えます。

「美肌=血の巡り」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、「血流」は美しいお肌への生まれ変わりには最重要なのです。

血液は肌の新陳代謝に必要な栄養を細胞に運んでいます。

ただ肌は体の末端の部分。その届きにくい部分にしっかりと栄養を届けるには「正常な血流」が不可欠なのです。

現代人は運動不足や不摂生、ストレスなどで血流が滞りがち。

歴史ある漢方薬の力で正常な血の巡りを取り戻し、肌トラブルの根本から

見直してみませんか?

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ