食べること

2020年03月03日

めぐりの薬膳レシピvol.51~ 虚弱体質改善に!【玄米】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は玄米を使い、虚弱体質改善に効果的なレシピのご紹介です。

ビタミン類、ミネラル類、食物繊維などを豊富に含んでいる玄米ご飯を食べて、冷え性、風邪を引きやすいなどを改善しませんか?

玄米は精白米と異なり、外皮(ヌカ層)胚芽がそのままのコメのことを指します。栄養豊富で、内蔵を強くする働きがあると言われています。

最も食べられているのは白米です。白米は口当たりのよさと食べやすさが魅力ですが、ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養面では玄米が勝っています。

さくらの森の極玄米赤ちゃん玄米なので、白米と一緒にたけて、一晩つけおきするといった手間がかかりません。通常の炊飯器を使用できます。とても手軽なので是非使っていただきたい逸品です。

↓↓ご注文はこちらから

薬膳 虚弱体質改善に【玄米】

 

今回「かまどさん」を使用しました。

【材料】4~5人前

・極玄米・・・・・・・・・・・・・1カップ
・白米・・・・・・・・・・・・・・2カップ
・水・・・・・・・・・・・・・・・570cc

 

 

🍳 作り方

①玄米・白米を洗い、料理前にザルにあげ、水気を切ります。

②かまどさんに①と水を加え20分おく。

③中火にかけ穴から水蒸気がでたら火をとめる。

③20分そのままむらしたら完成。

 

😊このレシピの効果

 

玄米

玄米は栄養豊富なので、虚弱体質を改善したいという方におすすめです。昔から内蔵を強くすると言われ、血行が良くなり、体質改善が期待できます。さらに冷え性や、風邪をよくひく方も常食している内にだんだんと体質が治っていくと言われています。

注意点

玄米の注意点は消化が悪いことです。食べる時は良く噛んでから飲み込みましょう。また就寝前に食べるのはおすすめしません。胃弱、胃下垂、胸焼けしやすい方にはあまり向いていません。胃弱の方はムギ飯などがおすすめです。

 

様々な栄養も一緒に摂れる玄米をぜひ試してみませんか?

薬膳を通して皆様の心とカラダがより豊かになることを願っております。

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

めぐりの漢方は「シミ」や「にきび」などの肌トラブルへの効果を証明された漢方薬です。

5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬で、血の巡りを正常に整えます。

「美肌=血の巡り」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、「血流」は美しいお肌への生まれ変わりには最重要なのです。

血液は肌の新陳代謝に必要な栄養を細胞に運んでいます。

ただ肌は体の末端の部分。その届きにくい部分にしっかりと栄養を届けるには「正常な血流」が不可欠なのです。

現代人は運動不足や不摂生、ストレスなどで血流が滞りがち。

歴史ある漢方薬の力で正常な血の巡りを取り戻し、肌トラブルの根本から

見直してみませんか?

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ