食べること

2020年01月19日

めぐりの薬膳レシピvol.39~ 健康と美をサポート【りんごのコンポート】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は『りんご』を使い、健康と美をサポートするレシピのご紹介です。

スーパーには通年ありますが、りんごの旬は冬です。漢方では水液を補ってのどの渇きを止める、腸を丈夫ににして下痢を止めるなどの効果があるとされています。

「1日1個のりんごで医者を遠ざける」ということわざがあるくらい、健康効果を期待されている食材です。美肌効果のビタミンC、疲労回復効果のクエン酸、高血圧を改善するカリウムなどが豊富です。

まさに健康と美をサポートする食材です。

簡単なレシピですので、生のりんごが飽きてきたら是非作ってみてくださいね。

 

薬膳 健康と美をサポート【りんごのコンポート】

 

【材料】2人分

・りんご・・・・・・・・・・・1個
・レモン・・・・・・・・・・・1/2個
・水・・・・・・・・・・・・・200cc
・黒糖生姜・・・・・・・・・・大さじ4

 

🍳 作り方

 

 

①リンゴは8等分のくし切りにして皮をむく。レモンは幅1cmぐらいの輪切りにする。

②小鍋に水、砂糖を入れて中火で煮たて、砂糖が溶けたらリンゴ、レモンを加えて弱火にして15~20分くらい煮る。

③火を止めてそのまま冷まし、保存容器に煮汁ごと入れて保存する。リンゴがシロップに浸かるように保存すると1週間ほど持ちます。

 

 

😊このレシピの効果

🍎リンゴ🍎

リンゴポリフェノール

プロシアニジン、エピカテキン、クロロゲン酸などで構成される抗酸化成分。体内のサビを落とし、糖や脂肪の吸収を抑えます。生活習慣病やダイエットの強い味方です。そのほか紫外線による肌老化を抑制する効果もあります。

ペクチン

水に溶けるとゼリー状になり、便通を促す一方、腸壁を保護する効果もあります。さらに、ビフィズス菌など腸内の善玉菌を増やして腸内環境を調えます。ペクチンは加熱により大幅に増加します。

 

りんごの皮付近にはリンゴポリフェノールや食物繊維がたっぷりあります。皮ごと食べるのが理想ですが、きれいに洗うことと、たくさん食べるとガスが溜まりやすいので、多食は避けましょう。

 

是非お試しくださいませ。

薬膳を通して皆様の心とカラダがより豊かになることを願っております。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

めぐりの漢方は「シミ」や「にきび」などの肌トラブルへの効果を証明された漢方薬です。

5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬で、血の巡りを正常に整えます。

「美肌=血の巡り」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、「血流」は美しいお肌への生まれ変わりには最重要なのです。

血液は肌の新陳代謝に必要な栄養を細胞に運んでいます。

ただ肌は体の末端の部分。その届きにくい部分にしっかりと栄養を届けるには「正常な血流」が不可欠なのです。

現代人は運動不足や不摂生、ストレスなどで血流が滞りがち。

歴史ある漢方薬の力で正常な血の巡りを取り戻し、肌トラブルの根本から

見直してみませんか?

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ