食べること

栄養のこと

薬膳レシピ

2020年02月11日

めぐりの薬膳レシピvol.44~ 胃腸の疲れに【かぶの挽肉トロトロあんかけ】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は『かぶ』を使い、胃腸の疲れ改善するレシピのご紹介です。

かぶは冬の根菜です。この旬の食材を使って今晩のおかずにいかがですか?

かぶに含まれる消化酵素と豊富な食物繊維胃腸の働きをサポートしてくれます。

食べ過ぎによるおなかぽっこりの解消も期待できますよ。

 

薬膳 胃腸の疲れに【かぶの挽肉トロトロあんかけ】

【材料】2人分

・小かぶ(葉も)・・・・・・・・6個
・挽肉・・・・・・・・・・・・・100g
・顆粒だし・・・・・・・・・・・小さじ1
・しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ1と1/2
・酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
・砂糖・・・・・・・・・・・・・小さじ1

・片栗粉(水で溶く)・・・・・・大さじ1
   

 

🍳 作り方

 

①かぶは4等分に切る。葉(くき)は4~5cmに切る。

②鍋に水200ccぐらいと顆粒だし、酒、砂糖、しょうゆを入れ、かぶ・挽肉を加えて煮る。

③煮えたら、水溶き片栗粉でからめる。

かぶに含まれる消化酵素、ジアスターゼは熱に弱いので、加熱は手早く行うのがコツです。

😊このレシピの効果

 

かぶ

かぶにはデンプンの消化を促すジアスターゼという消化酵素が多く含まれています。人の身体では、主に膵臓と唾液腺から分泌されます。炭水化物の消化を促す働きがあり、ジアスターゼを摂取するとデンプンをすばやく糖へ分解してくれます。

また、ビタミンCが豊富です。免疫力を高め、インフルエンザや風邪からの回復をサポートしてくれます。またビタミンCはコラーゲン生成に必須の成分なので、肌のターンオーバーを整え、乾燥を内側から防ぐ効果があります。冬の美と健康をバックアップしてくれます。

かぶの葉にはβカロテン、ビタミンK、カルシウムなどが豊富に含まれているので、新鮮な葉付きの場合は、葉やくきも捨てずに食べるのがおすすめです。

 

柔らかくてトロトロなので、お年寄りでもお子様でも、皆様に喜ばれる一品ですよ。手軽で簡単です。

是非お試しくださいませ。

薬膳を通して皆様の心とカラダがより豊かになることを願っております。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

めぐりの漢方は「シミ」や「にきび」などの肌トラブルへの効果を証明された漢方薬です。

5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬で、血の巡りを正常に整えます。

「美肌=血の巡り」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、「血流」は美しいお肌への生まれ変わりには最重要なのです。

血液は肌の新陳代謝に必要な栄養を細胞に運んでいます。

ただ肌は体の末端の部分。その届きにくい部分にしっかりと栄養を届けるには「正常な血流」が不可欠なのです。

現代人は運動不足や不摂生、ストレスなどで血流が滞りがち。

歴史ある漢方薬の力で正常な血の巡りを取り戻し、肌トラブルの根本から

見直してみませんか?

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ