食べること

栄養のこと

2019年08月01日

めぐりの薬膳レシピvol.12~黒のパワー【炒り黒豆】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は『黒豆』を使ったレシピです。

黒豆の良質のたんぱく質と黒のパワーで高い薬効を摂取しましょう。

炒って保存しておくと、使い勝手の良い常備薬膳になります。

ふだんは熱湯を注いで黒豆茶として常飲し、料理素材としても使えますよ。

 

薬膳【炒り黒豆】

 

 

【材料】

・黒豆・・・・・・・・・・・・200g
     

 

🍳 作り方

 

フライパンに黒豆を並べて弱めの中火にかけ、時々揺すりながら、黒豆の

皮がはじけて数カ所に焼き色がつき、香ばしい香りがたつまで10~15分炒

る。焦がさないように注意。

歯ごたえがあって美味しいですが、食べ過ぎると胃もたれをおこすので注意してください。

 

黒豆茶

炒り黒豆大さじ1に熱湯を100~150ml注いでふたをしてしばらくおき、色

が出てきたら飲み頃。豆もおいしく食べられる。

 

 

黒豆のひき肉野菜炒め

【材料】2人分

 

・豚ひき肉・・・・・・・・・・100g
・炒り黒豆・・・・・・・・・・大さじ3(50g)

・セロリのみじん切り・・・・・1/2本文(60g)
・玉ねぎのみじん切り・・・・・1/2個分(100g)
・トマトの粗みじん切り・・・・1個分

・赤唐辛子・・・・・・・・・・2本
・赤ワイン、水・・・・・・・・各1/2カップ
・塩、こしょう・・・・・・・・各少々
・オリーブオイル・・・・・・・大さじ2

作り方

①フライパンにオリーブオイルを温め、たまねぎとセロリを入れてしんなりするまで炒める。

②ひき肉を加えて色が変わるまで炒め、炒り黒豆とトマトを加えてさらに炒める。

③赤ワインと水1/2カップ、唐辛子を加え、ふたをして20~30分煮込む。塩こしょうで味をととのえる。

 

😊このレシピの効果

 

黒豆

黒豆の栄養素は大豆とほぼ同じで、たんばく質と食物繊維が豊富です。女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンも含まれています。また、アントシアニンという黒い色素の力で目の疲れにも働きかけます。アントシアニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用もあります。

このレシピの効果としては、豚肉の脂肪分の吸収を、たっぷりの香味野菜でブロック。アントシアニンにも脂肪の吸収を抑える働きがあります。トマトも入って、抗酸化作用もさらにアップします。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

 

実は「しみ」「にきび」「手足のあれ」など、肌トラブルは「血流の悪さ」が原因なんです!

血のめぐりをしっかり整えることで、肌のターンオーバーが正常になり、新しい細胞が生み出されます。

細胞の生まれ変わりが促進されることによって、しみやにきびができる原因を取り除くことができるのです。

「めぐりの漢方」5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬です。

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。 身近な野菜や薬味で健康を整えるレシピをご紹介します。 皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ