食べること

キャンペーン情報

栄養のこと

2019年08月09日

めぐりの薬膳レシピvol.13~おすすめの”つくりおき”【しょうがの甘酢漬け】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介している

このコーナー。

夏の暑い時期は食中毒が心配ですね。

そんな時期にも高い殺菌効果が期待できる生姜の甘酢漬けはおすすめです。

お酢はそのまま飲む健康法があるぐらい、身体に良い食品として知られて

います。お酢にはクエン酸や必須アミノ酸が含まれていて、

疲労回復効果、冷え性改善効果、殺菌作用、カルシウムの吸収をサポート

や美肌作りにも効果が期待できます。夏の暑さで食欲が無い時にたべるよ

うにすれば夏バテ予防も期待できます。

 

生姜の甘酢漬けは冷蔵庫なら約1年間保存が可能なので、多めに作っていつ

でも食べられるようにしておくと便利ですよ。

 

常備薬膳【しょうがの甘酢漬け 】

 

 

一日冷蔵庫でねかせるとほんのりピンク色になりす。

 

 【材料】作りやすい分量

・しょうが・・・・・・・・・・150g
・塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
 
   A
     米酢・・・・・・・・・・・1カップ
     砂糖・・・・・・・・・・・大さじ2

 

🍳 作り方

 

①しょうがは皮をこそげて、薄切りにする。

②ボウルに①と塩を入れてよく混ぜる。保存容器にいれて、Aを加えてよく混ぜ合わせる。

 

甘酢漬けしょうがを千切りにして、小松菜(茎)と炒めてみました。

 

😊このレシピの効果

 

生姜にはジンゲロールという成分が含まれています。ジンゲロールには殺

菌作用があり、生ものに生姜が添えられているのはこのジンゲロールによ

る殺菌作用があるからです。ジンゲロールには血行を良くしてくれる働き

もあり、冷え性の改善作用もあると言われています。

 

生のしょうがは、即効性が高く、体を温めて汗をだし熱を一気に下げる力

があるので、風をひいたときや熱を下げたいときにおすすめです。(冷え

症の人にはむいてません。)加熱したしょうがや、乾燥したしょうがに

は、血の流れを改善して体を芯からゆっくりと温める効果があるので、慢

性的な冷えに悩む使徒や胃腸の弱い人におすすめです。

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

 

実は「しみ」「にきび」「手足のあれ」など、肌トラブルは「血流の悪さ」が原因なんです!

血のめぐりをしっかり整えることで、肌のターンオーバーが正常になり、新しい細胞が生み出されます。

細胞の生まれ変わりが促進されることによって、しみやにきびができる原因を取り除くことができるのです。

「めぐりの漢方」5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬です。

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。 身近な野菜や薬味で健康を整えるレシピをご紹介します。 皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ