食べること

栄養のこと

2019年10月26日

めぐりの薬膳レシピvol.27~ むくみに【和風緑茶ゼリー】

浦島(登録販売者)

浦島(登録販売者)

 

こんにちは!さくらの森、登録販売者の浦島です!

毎日の食卓に薬膳の知恵をプラスできるレシピをご紹介しているこのコーナー。

今回は緑茶』と『小豆を使い、双方の利尿作用により、体内の余分な水分を排出して、むくみの症状を軽くするレシピです。

緑茶や小豆は日本人になじみの深い食材ですよね。自宅で手軽に和菓子を作ってみませんか?

 

薬膳【和風緑茶ゼリー】

 

【材料】2人分     

・緑茶・・・・・・・・・・・・・1カップ分
・きび砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1
・ゼラチン・・・・・・・・・・・5g

・ゆで小豆(缶詰)・・・・・・・大さじ2
・バラの花(食用)あれば・・・・適宜    

・山椒の葉・・・・・・・・・・・適宜

 

 

🍳 作り方

 

①ゼラチンを表示通りに戻しておく。今回はゼラチン5gを50ccの80℃のお湯に戻しておく。

②緑茶を好みの濃さ(1カップ)でいれ、きび砂糖を加えて、①のゼラチンを合わせて溶かす。

③器に小豆を大さじ1づつ入れ、粗熱をとった②を注ぎ、山椒の葉を飾って2~3時間冷蔵庫で冷やす。食べる前にあれば、食用のバラを添える。

 

☆黒糖・きび砂糖・てんさい糖には自然のミネラルが含まれます。

 

😊このレシピの効果

 

緑茶

お茶に含まれるカフェインは利尿作用があり新陳代謝を活発にします。タンニンには鎮痛作用があるので、二日酔いの頭痛には濃いめのお茶を飲むことをオススメします。

小豆

小豆の大きな効果は利尿作用で、むくみの症状がある病気に使われています。この利尿作用により、体内の余分な水分を排出し、むくみやだるさを軽減します。

 

是非お試しくださいませ。

薬膳を通して皆様の心とカラダがより豊かになることを願っております。

 

 

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。

 

より漢方のちからを感じたいお客様におススメの商品「めぐりの漢方」をご紹介させて頂きます♪

めぐりの漢方は「シミ」や「にきび」などの肌トラブルへの効果を証明された漢方薬です。

5つの生薬でできた桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)にヨクイニンを加えた漢方処方のお薬で、血の巡りを正常に整えます。

「美肌=血の巡り」と聞いてもあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、「血流」は美しいお肌への生まれ変わりには最重要なのです。

血液は肌の新陳代謝に必要な栄養を細胞に運んでいます。

ただ肌は体の末端の部分。その届きにくい部分にしっかりと栄養を届けるには「正常な血流」が不可欠なのです。

現代人は運動不足や不摂生、ストレスなどで血流が滞りがち。

歴史ある漢方薬の力で正常な血の巡りを取り戻し、肌トラブルの根本から

見直してみませんか?

お薬が内側からしっかり効いて、お肌トラブルのないお肌へ導いてくれます♪

↓↓ご注文&詳細はこちらへ♪

 

浦島(登録販売者)

この記事を書いた人

浦島(登録販売者)

薬膳・漢方検定の資格をとってから薬膳にはまっています。身近な食材で健康を整えるレシピをご紹介します。皆様が健やかに過ごせる手助けになれば幸いです!

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ