香りのこと

2019年08月30日

アロマスプレー30mlの作り方/Aroma Praire

田上(さくらコンシェルジュ)

田上(さくらコンシェルジュ)

こんにちは(^^)

さくらの森の田上です。

今回は、アロマスプレーの作り方をわかりやすく詳しくご紹介します!

 

▼30mlボトルを使用したときの分量を記載しております。

1 用意するもの

・精製水 25ml

・無水エタノール 5ml

・スプレー容器 30ml

・ビーカー・または計量できるもの

 

・精製水と無水エタノールは、お近くのドラッグストアで購入できます。

・ボトルは遮光ガラス容器が好ましいです。100円均一などのお店で購入できます。

ちゃんとした遮光ガラス容器が良い方は、500円〜1,000円くらいで探せると思います。また遮光ガラス容器は、洗浄、消毒をすれば何度でも繰り返し使用でき、エコにもおすすめです♫

容器の大きさは1週間〜10日ほどで使い切れるように30ml〜50mlの小さめで良いと思います。

※今回使用したボトルは、30mlサイズです。

あとは精製水やエタノールの量が計測できる、ビーカーや計量カップを用意しておくと便利です。

 

2 無水エタノールを容器に入れる

無水エタノールを5ml測って容器に入れます。

 

3 精油を垂らす

5滴〜10滴を目安に入れましょう。

初めての方や香りに敏感な方は少量から試してみましょう。

 

4 精製水を入れる

精製水を入れる前にしっかりと、精油と無水エタノールを混ぜておきましょう。

乳化されて白くなる場合がありますが、問題ありません。

25mlの精製水を測って容器に入れます。

入れた後は蓋を閉めてしっかりと混ぜましょう。

 

5 完成!

   完成です。自分の好きなマスキングテープを貼ったり、シールを貼ったり、マジックで絵を書いたり、

自分だけの容器にすると愛着が増しますよ♫

 

お子さんやお孫さんと一緒に作ってみるのもオススメです。

作ったあとは、シュッシュッと好きなときに部屋にエッセンシャルオイルの香りを広げてお楽しみください♫

どうしても精油が上部に浮いてしまうので、使用する直前んいしっかり容器を振るようにしましょう。

 

どんなときに使う?

タバコを吸う人がいる部屋での香りの匂い消しや

トイレや玄関での匂い消し+香り付け、

リビングで食事が終わったあとや

寝室で夜寝る前や起きたときの気分転換など

いろいろな場所で手軽に活用できます♫

ぜひ生活のシーンに合わせたスプレーを何本も作って、家の色々な場所でご活用ください😃

 

田上(さくらコンシェルジュ)

この記事を書いた人

田上(さくらコンシェルジュ)

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ