お肌のこと

2019年05月18日

【ハリ】ピン!と弾むようなお肌になる方法

平松(さくらコンシェルジュ)

平松(さくらコンシェルジュ)

こんにちは、平松です!

「こんにちは、イチゴ大福です!ただいま美容のことを勉強中です♪」

 

今日はお肌の「ハリ」についてお話ししたいと思います✨✨

 

「ハリのあるお肌、あこがれます〜!」

 

お肌にハリがなくなって、皮膚がたれてしまうと

一気に老けた印象に…

そうなる前に!しっかり予防しましょう♪

 

お肌のハリってどういうしくみ?

 

「お肌のハリってどうやって保たれているんですか?」

 

お肌は表皮・真皮・皮下組織の3構造になっていて

上から2番目の層である「真皮」にお肌のハリの秘密があるんだよ。

 

線維芽細胞(せんいがさいぼう)」という細胞からコラーゲン、エラスチン、基質が生まれてるの。

 

コラーゲンとエラスチンと基質がお肌の水分を保ってるんだよ。

 

でも、年齢を重ねていくと、この線維芽細胞の働きは弱くなっていって、

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が不足・変性するの…

そうなると、どんどんお肌のハリがなくなってしまうんだよ…

 

「線維芽細胞って美容にとってとても大切な役割をしているんですね!」

そうなの!

 

「あと…いまさらなんですが…コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸って美容でよく聞きますが、それぞれどんな役割なんですか?」

 

コラーゲンは枠組みのようなもの、

エラスチンはコラーゲンとコラーゲンをつなぐ接着剤の役割を、

基質(ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸など)は細胞や繊維の間を満たしてお肌の土台になってるんだよ。

 

「へぇ〜!それぞれが支え合って、お肌のハリを維持してるんですね」

 

そうだよ〜

コラーゲンやエラスチンが減少したり、変性したりすると

お肌のハリがなくなる理由がわかったかな?

 

「はい!よくわかりました〜」

 

じゃあ、つぎはハリにいい美容成分を紹介するね♪

 

ハリに良い美容成分

 

★ナイアシン

コラーゲンの合成を助ける作用や抗酸化作用がある水溶性ビタミン。

刺激が少ないので敏感肌の方におすすめ!

 

★アスタキサンチン、油溶性甘草エキス

抗酸化作用があるため、体のサビを取り除いてくれます

 

★レチノール

線維芽細胞に働きかけるビタミンA

 

 

「ハリに良い成分っていろいろあるんですね〜」

うん!いろいろ試して自分にあったスキンケアを見つけてね♪

基礎化粧品は水分の多いものから油分の多いものの順に

使っていくのがコツだよ✨✨

 

 

 

 

 

 

平松(さくらコンシェルジュ)

この記事を書いた人

平松(さくらコンシェルジュ)

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ