スタッフブログ

2021年12月15日

さくらの森スタッフと行く気まぐれ道中【 Vol.51 】

さくらコンシェルジュ

さくらコンシェルジュ

 

今回の気まぐれ道中は、コンシェルジュ寺島と荒木で

熊本県にある「上色見熊野座神社」へ行ってきました!

苔生した階段や杉林の参道を進む。
その先にあったのは、神秘的な異世界だった。
 
今回訪れたのは、熊本県高森町にある
上色見熊野座(かみしきみくまのいます)神社。
映画やアニメの舞台になったことで人気に火が付き、
異世界のような景色を求めて多くの人が訪れている神社だ。
 
鳥居をくぐって参道を進むと、苔やツタが交わる
緑の空間が広がる。
 
 
国道から入ってすぐなのに、不思議と静かで
澄んだ空気が流れていた。
 
コンシェルジュの二人も「空気が美味しい!」
「緑に癒される〜」と声をあげていた。
 
しばらく歩くと、260以上の石段が現れる。
 
登っていく内に、森が深くなっていくので、
どこか違う世界へ足を進めているようだった。
 
 
階段を登りきり、ついに神殿へ到着。
しっかりお参りをしたあとは、
鬼が蹴破ったと言われている穿戸岩へ。
 
 
神殿の脇から、急傾斜の道を登っていくと
洞窟のようなものが見えて来た。
 
たどり着くと、そこには大迫力の大きな穴が!
穴からは風がびゅーびゅーと吹き抜けていた。
 
大きな岩山を貫いていることから、
どんな困難でもやり抜ける象徴として、
合格や必勝のご利益があると言われているそう。
 
たくさんの自然のパワーをもらい、
心身が浄化されたような心地で神社を後にした。
 
 
次に向かったのは、高森湧水トンネル公園。
鉄道のトンネルとして掘削されていたが、
出水事故のため中止となり、現在は公園として整備されている。
 
ここでは、地元の学生が作ったランタンや
幻想的なイルミネーション、水玉に特殊な音波を与えることで
不思議な動きをするウォーターパールを見ることができる。
 
コンシェルジュの二人はこの水玉に夢中。
「どうなっているんだろう?」としばらくじーっと見つめていた。
 
 
全長2キロのトンネルは、年中17度と温度が一定なので、
どの季節でも楽しめる。ここでも湧水のパワーを
たくさんもらって大満足の二人は熊本県をあとにした。
 
皆さんもぜひ、木と水のパワーをもらいに
高森町を訪れてみてはいかがだろうか。
 
 
 

アンケート:こちら

会報誌「さくらもち」12月号:こちら

さくらコンシェルジュ

この記事を書いた人

さくらコンシェルジュ

お電話だけではなく、メール・LINE・お葉書も、私達が担当をさせて頂いております。そんな私たちから、お客様にまつわるエピソードを発信していきます。

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ